ENTRY

WAKASA RECRUITING SITE 2018

VOICE求める人財像

松野 渚 接客販売

2012年
入社
東北支社 受注フォローチーム配属
同受注フォローチーム
チームリーダーに昇格
2013年
人材総務課に異動
2015年
マーケティング
スポーツ商品企画 担当
マーケティング
化粧品商品企画 担当
インショップ事業部配属
店舗販売を開始
現在の仕事内容について

自社商品に興味を持っていただくきっかけをつくるために

ドラッグストアへの卸・接客販売を行っています。店舗へ入店する際は、その日力を入れて売り出す商品を決め、商品陳列を変えます。その際、最近話題の成分の商品を置いたり、季節に合った商品を置いたり工夫しながら陳列を決めていきます。開店後の接客では成分のご案内や試飲をおすすめしたり、お客様に合った商品をご提供していきます。自社商品に興味を持っていただくきっかけになればという想いから、他の商品を見ている方に、その人に相性の良い成分やその成分を摂取できる食事方法をご提案したり、アドバイスすることを心がけています。そのため自社以外の商品の勉強も欠かせません。購入後、「悩みの症状が楽になった」「今後も貴方から買いたい」という声を聞き大変嬉しく思いました。その他、商品の魅力を伝える店頭のポップ作り、取引先との関係作りのための定期的な店舗回りや販売状況管理も行っています。

失敗から学んだこと

相手が理解してくれなければ
全く意味が無い

商品の購入者にはプレゼントがついてくるというキャンペーンを実施した時、私自身の説明不足によりキャンペーン内容が店舗全体に浸透しておらず、商品購入者にプレゼントが配られない店舗がありました。直ちに全店舗に再度電話で企画について説明しましたが、それでも理解されていませんでした。そこで実際に自分で足を運び、売り場担当者へ説明を繰り返した結果、理解してくれました。この経験から、自分では伝えたつもりになっていても、相手が理解してくれなければ全く意味が無いと学びました。それ以降、先ずは自分で足を運び、取引先様とのコミュニケーションを細やかに行うように努めています。

入社の決め手・応募者へのメッセージ

会社の雰囲気が良いこと
評価をしっかりとしてくれること

私が就職活動で重視していたのは、「会社の雰囲気が良いこと」と「評価をしっかりとしてくれること」です。わかさ生活の会社説明会や面接で、社風や評価制度を聞き、「ここだ!」と思いました。実際に入社してみて、自分が思い描いていた通り、チームメンバー同士仲が良く、プライベートでもよく遊びにいくほど。お互いが切磋琢磨し、1%でも目標を上回る結果が出たら皆で喜び合います。その月の売上げやお客様の会員登録数など、過去最高を更新すると都度表彰してもらえることにやりがいを感じます。私が頑張れるのもチームメンバーのフォローがあってこそなので、お客様への更なる良い接客を通して、チームへの貢献に繋げていきたいと思います。

大切にしていること/今後のビジョン

1ヶ月、1日の目標数値の意識
数字に対する厳しさ

仕事をする中で、漠然とした目標を追いかけるのではなく、1ヶ月、1日のハッキリとした数値目標を立てることで、自分自身の頑張りや結果が大きく変わってくると日々感じます。『1ヶ月、1日の目標達成に向けて頑張り、1店舗ずつの売上げを上げて実績を積めば、取引先様との縁が増えて販路が広がり、結果として商品を購入したいお客様がどこでも買えるようになる』と、尊敬する上司が教えてくれました。より多くのお客様に当社の商品を手にとってもらえるよう、実績を積み重ねていきたいと思います。